2018年7月31日火曜日

National 8P-W1 ” ゲンコツ ”





自作オーディオマニアの皆様はご存知、
" ゲンコツ ” ことNational 8P-W1を購入しました。

いや~、12年ぶりの再会
当時の私はフルレンジ・ユニットを買い漁っておりました。
聴き比べは勿論ですが、スピーカーの形がとても好きで
海外問わず100~200種は無意味に収集していたと思います。

その中でもズバ抜けて音が良かったので
今でも手放した未練が少しばかりあったユニットでもありました。


ゲンコツはナショナルが産み出した銘器、
1954年-1984年まで30年間製造され続けたロングセラー品。

ひと言でゲンコツと言っても

30年にも渡る長い歴史の中で
沢山の仕様を変えたモデルが誕生しました。


8P-W1 / 10P-W1 / 20P-W09 / 20P-W55
20P-W49S / 20P-W56など

ほとんどのモデルを使用してみての
個人的主観ではどのモデルもゲンコツにハズレなし!と
思っておりますが、
それでも海外の銘器たちと比べてしまうと
躍動感や厚みが薄いかなと思わされてしまう場面もありました。

しかし、このフェルトが付いた最初期のゲンコツは
JBLの最初期であるD208 Flatbackや
アルテックの755A、JendenのP8Pなどの世界的銘器たちと
聴き比べても肩を並べられるのではと思わせるほどの
濃厚でいて艶やかな音質を持っております。


最初のモデルである” 8P-W1 ” 名義の物の中でも
端子や、塗装など仕様変更が見られるものをいくつか入手したこともありました。

何が音の決め手なのか
フェルトが付いた最初期の物だけは音の厚みがまるで違うのです。



今回は一本での入手の為、今後数本入手してみて
ペアを取り店頭で皆様にも披露出来たらと検討しております。


ご自宅に眠っているオーディオや楽器などが御座いましたら
是非ご相談くださいませ。